専門医に診てもらう

脳

物忘れがひどくなったことで、公職から退いた町長がニュースで紹介されていました。自己管理が徹底していて、周囲に迷惑をかけず、自らの進退は自分で決めるということで、このご時世なのでSNSなどでも高い評価を受けていました。最近、物忘れが気になるようであれば、できるだけ早く専門医に診てもらうことが症状の悪化や、果ては認知症の予防になるといいます。総合病院をはじめ街の開業医には物忘れ外来という専門クリニックがあります。もし、自分で見つけられないという場合位は、市町村の福祉課にて紹介を受けることができます。また、かかりつけ医に相談すると、専門医を紹介してくれるので、できるだけ早く専門医に診てもらうことが大切です。

サプリで予防に努める

漢方

サプリを利用することで、物忘れを予防したり改善したりすることができます。サプリメントの服用を始めてからというもの、症状が緩和されたり、以前よりも記憶力が回復したという口コミも多く、少なからずサプリメントが物忘れの予防につながることがわかります。重要なことは、自分で早期に気がついて、予防に努めることです。物忘れはひどくなると認知症によく似た症状が現れるので、早めに予防や対策を講じることが必要になります。

忘れっぽくなる症状

サプリ

認知症と物忘れの症状はよく似ているようで、明確な違いがあります。例えば、食事に関してですが、認知症の場合、食事を食べた事自体を忘れてしまいます。他方、物忘れの場合には、夕食に何を食べたか忘れてしまうという症状であり、食事をとった事自体は覚えているのでこれは認知症とは大きく異なることがわかります。また、買い物にでかけた時に何を購入すればよいのか忘れてしまうことも、物忘れによく診られる症状の特徴です。

認知症との判別の付け方

脳

認知症と区別がつきにくいと言われる物忘れですが、物忘れは記憶そのもの自体に混乱は起きません。同じことを繰り返したり、外出後、自宅への帰り道を忘れてしまい、自力で帰宅できなくなるようなことは、すでにかなり認知症の症状が現れてしまっているのです。認知症と物忘れは、素人の場合よく混同しています。物忘れはまだ症状が軽いのですが、認知症になると生活する上で支障が出てきてしまうので、問題は深刻になります。認知症と物忘れの判別は素人ではつけにくいと言われています。そのため、一度専門医に診てもらい、きちんと検査を受けて認知症が始まっているのかどうかを判別して貰う必要があります。

広告募集中